健康維持に欠かせない「たんぱく質」と「アミノ酸」の関係

犬,コラーゲン,アミノ酸
犬,コラーゲン,アミノ酸

筋肉も被毛も臓器も。犬の全身はたんぱく質でできている

たんぱく質といえば「筋肉を作る」イメージをもつ方も多いでしょう。

ところが、それだけではありません。

たんぱく質は筋肉に加えて骨、軟骨、靭帯、爪、皮膚、毛、内臓など愛犬の全身を作り上げているのです。

つまりたんぱく質が不足すると、身体のあちこちに支障をきたすといっても過言ではありません。

実は勘違いの「たんぱく質=肉や魚を摂取」

犬,コラーゲン,アミノ酸
犬,コラーゲン,アミノ酸

ここで注意したいのが、たんぱく質が豊富に含まれる食材=肉や魚を摂取していれば良いかといえば「そうではない」ということ。

なぜなら、口から摂取したたんぱく質はそのまま吸収されるのではなく、消化酵素によってバラバラのアミノ酸に分解されてから、小腸で吸収されるから。

つまりたんぱく質だけに目を向けるのではなく、さらに噛み砕いた「アミノ酸」のことを考えなければ、愛犬のためにならない…ことだってあるのです。

アミノ酸は「1つ欠ける」と「すべて無駄」になってしまう…

Maisei Raman
Maisei Raman

そして、さらに大事なことは、たんぱく質を作るのにあらかじめアミノ酸の種類や数が決まっている、ということ。

ひとつでもアミノ酸が足りなければたんぱく質を作り出すことができません。

たんぱく質がパズルの完成形だとすれば、アミノ酸という複数のピースが組み合わさって作られていると考えてください。

これを「桶の理論(おけのりろん)」といいます。

アミノ酸,桶の理論
アミノ酸,桶の理論

摂取すべきアミノ酸は、「25歳まで生きた昔の犬」にあり

犬,コラーゲン,アミノ酸
犬,コラーゲン,アミノ酸

昔の犬は、小動物を「丸ごと1匹」食べることで健康維持をしていました。

いわゆる“お肉”だけでなく、「骨や皮もまるごと」食べていたということです。

この食生活が影響していたのか、中には25歳まで生きる犬もいたそうです。

愛犬が長生きするヒントは、昔の犬の食生活に隠されている
そう考えた私たちは、犬の食生活を調べてみることにしました。

昔の犬が食べていた小動物を例に考えてみましょう。

実は同じ動物でも、部位によって栄養素が大きく異なるのです。

① お肉 : 必須アミノ酸
② 骨・皮:非必須アミノ酸

そして、いま売られているドッグフードの多くは、
「①お肉」のみが使われているケースがほとんど。

昔の食事,現代の食事,コラーゲン
昔の食事,現代の食事,コラーゲン

愛犬の健康維持を考えるならば、「アミノ酸(お肉)」「非必須アミノ酸(骨や皮)」の両方が含まれた食事を意識するべき、ということがわかります。

事実、現代の食事では「非必須アミノ酸」が足りていない

カラダに優しいドッグフードも増えてきました。

しかし、店頭で売られている7種類のドッグフードを調べたところ、生命維持に不可欠なアミノ酸が不足しがちであることがわかりました。

アミノ酸,ドッグフード,不足
アミノ酸,ドッグフード,不足

これは、ドッグフードの値段に関係なくデータとして現れています

なぜこんなことが起きるのか。それは、日本のドッグフードの基準で定められていないからなんです。

必須アミノ酸は「これだけ入れなきゃダメですよ」という基準があるのに対し、
非必須アミノ酸は基準が設けられていないのです。

コラーゲンには「非必須アミノ酸」がたっぷり含まれる

犬,コラーゲン,アミノ酸
犬,コラーゲン,アミノ酸

そこでわたしたちが注目したのがコラーゲンです。

コラーゲンは、魚や豚、牛などの皮膚や骨から抽出されます。
これは昔の犬が食べていた小動物の「骨や皮」にあたる部分

小動物を丸ごと1匹食べ、骨や皮からも栄養を摂取していた昔の犬たち。

その「骨や皮」の役割を果たしてくれるのがコラーゲンというわけです。

いつものドッグフードを変える必要はありません。コラーゲンを必要量プラスするだけで、効率よく非必須アミノ酸を摂取できます。

Ta-Ta(タータ)の6つの特徴

背景画像 背景画像

98%*の愛犬が食べた!無臭だけど“味”がある
精製されたTa-Taのコラーゲンは、余計なものを取り除いているので、香りは一切ありません。
ところが牛の皮から抽出しているため、しっかり“その味”がするのです。 犬の本能をかきたてるのも、Ta-Taの大きな魅力です。

*同成分を3ヶ月与えた際のアンケート結果

背景画像

Ta-Taのコラーゲンは、腸まで届く
食べたものは小腸に吸収され、そこからさらに血液に吸収されることで初めて栄養になります。
本来コラーゲンは消化しにくい高分子(分子量30万)ですが、Ta-Taのコラーゲンは製造工程において低分子化*しています。

Ta-Taのコラーゲンはその60分の1である『5千』程度。低分子化することでスムーズに小腸から吸収することができるのです。

背景画像

パピーからシニア犬までオールステージOK
パピー期からの摂取は健康的な成犬育成につながり、成犬時には丈夫な関節や皮膚の維持に貢献、シニア犬においては歩行,関節,つややかな被毛の健康維持に役立ちます。
また、コラーゲンは食品と変わりありませんので、基本的には他のお薬やサプリメントと併用しても問題ありません。

※コラーゲンはたんぱく質です。たんぱく質摂取制限を受けている愛犬に与える場合は、事前に獣医師にご相談ください。

背景画像

保存料なしの無添加
Ta-Taは純度100%コラーゲンのサプリ。
保存料などは一切使用していない、完全無添加です。
センシティブな犬たちも、長期にわたり安心して摂取することができます。

背景画像

徹底したヒューマンクオリティで仕上げることを身上としているTa-Taのコラーゲンは、
ヒト用と全く同じ原料からできています。
どんな観点からも自信を持っておすすめすることができるように、原料の質は特に大切に考えています。

背景画像

5年に及ぶ共同研究で追求された安全性。
獣医師と一緒に給与試験を繰り返し行い、その安全性を確認したコラーゲンペプチドを使用してます。

そもそも「必須/非必須」って…?

たんぱく質を作ってくれるアミノ酸は、
「カラダの中で自然と作り出すもの/そうでないもの」の2種類に分けることができます。

①必須アミノ酸カラダの中で合成できないアミノ酸。食事での摂取が必要
②非必須アミノ酸カラダの中で合成できるアミノ酸

年齢を重ねれば、「自ら合成する力」が衰える

犬,コラーゲン,アミノ酸
犬,コラーゲン,アミノ酸

ここで、疑問がひとつ…。「非必須(食事からの摂取が必須ではない)」なのだから、わざわざ食べなくてもよいのでは? と考えた方もいるでしょう。

しかし、犬も年齢を重ねることで、体内で非必須アミノ酸を合成する力が衰えていくと言われています。

昔の犬たちは、小動物の皮や骨まで丸ごと1匹食べることで健康のバランスを保てましたが、現代ではそうもいきません。

年齢を重ねることで衰えていくのは生物の理ではありますが、やっぱり愛犬にはできるだけ健康で、長生きしてほしい。足りないものは補いたい。

日頃から非必須アミノ酸が不足している可能性があるのであれば、バランスを意識して摂取することが重要になってくるはずです。

犬のシニア期は「すぐに」やってくるから

犬,コラーゲン,アミノ酸
犬,コラーゲン,アミノ酸

最後に忘れてはならないのが、犬の寿命は人間よりも遥かに短いということ。

犬種によって多少の違いはあるものの、平均寿命は10歳程度。

この世に生まれてわずか7年後には、シニア期を迎えるのです。

犬,コラーゲン,アミノ酸
犬,コラーゲン,アミノ酸

つまりわたしたちは、愛犬を迎えたその日からシニア期を視野に入れた生活をしなければなりません。

「うちの子はまだ大丈夫」

これは最も危険な合言葉なのかもしれません。

シニア期になれば非必須アミノ酸を合成する力が衰えるわけですが、その時期はすぐにやってきます。

先を見据えた予防こそ、愛犬の健康寿命を全うする秘訣なのだと、わたしたちは考えています。

今のフードを変える必要はありません。

みなさんも、今日からできるスプーン1杯の健康維持をはじめてみませんか?

提案したいのは
「コラーゲン」補給

獣医師との「5年」に及ぶ共同研究により、その健康維持の効果と安全性を確認しました。

骨・軟骨・毛・皮膚などが毎日少しずつ、豊富な栄養素で新しく作り変わっていきます。

98%の愛犬が食べ、83%の方が健康維持の効果を実感(※)

Ta-Ta(タータ)の意味は「またね、明日ね」。 それは未来が続いていくことを願う、やさしい言葉です。
※ 同成分を3ヶ月与えた際のアンケート結果。早くて1ヶ月、遅い場合は3ヶ月ほどかかります。ぜひ3ヶ月継続してお使いください。